点字や大活字に触れてみよう ホンヨモ!セッション 点字や大活字に触れてみよう ホンヨモ!セッション

毎日新聞社が立ち上げている「ホンヨモ!セッション実行委員会」は「ホンヨモ!セッション」~点字や大活字に触れてみよう~を開催します。
是非この機会に点字新聞、点字図書、大活字本に触れてみませんか。
親子の参加も大歓迎!ふるってご応募ください。

プログラム

  • 第一部トークセッション
    出演者:大胡田誠(弁護士)、点字毎日新聞記者
    「視覚障がい者も読みたい、学びたい!」をテーマに、点字本や大活字本についてトークセッションを行います。
  • 第二部点字新聞、点字本、大活字本に触れてみよう
    普段触れる機会の少ない点字本や大活字本に直接触れたり、点字タイプライターで名刺を作成してみよう。

※会場内での撮影はご遠慮ください。

大胡田誠

おおごだ・まこと
1977年静岡県中伊豆町(現:伊豆市)生まれ。先天性緑内障により12歳で失明。筑波大学附属盲学校の中学部・高等部を卒業後、慶應義塾大学法学部へ進学。2006年、5回目のチャレンジで司法試験に合格。全盲で司法試験に合格した日本で3人目の弁護士となる。

主催・お問い合わせ
ホンヨモ!セッション実行委員会TEL:03-6418-7597(平日10:00~18:00)
  • ※お申し込み後、メールにてご案内をお送りいたします。
  • ※プログラムや出演者等は変更となる場合があります。
  • ※お預かりした個人情報は本事業の参加証発送および統計資料作成のためにのみ使用します。
この活動は、子どもゆめ基金(独立行政法人 国立青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて行うものです。
© ホンヨモ!セッション実行委員会